新規就農は選択肢がいっぱい!鳥取県で就農する方法と研修機関

      <スポンサーリンク>

 

 

2017年6月、新規就農希望者として大阪から鳥取に移住しました。

一言で新規就農といっても就農するまでの道のりは人それぞれ!

私が経験した研修や、研修先の方の就農方法をまとめてみました。

 


 

1、農業相談

 

全国の様々な法人・行政の団体がブースを出している農林水産省の補助事業「新・農業人フェア」というものがあります。

これに参加して鳥取県の行政や法人団体のブースへ行って相談するのが第一歩。

ここで農業法人に就職する道が開けたり、行政の各研修の詳細を聞くことが出来ます。

また実際に鳥取で1泊2日して作業体験・農家視察ができる体験研修会の案内もしてくれます。

私は「新・農業人フェア」の大阪開催に2回、夫は3年間かけてフェアと体験研修に5,6回参加しました。

就農を考えたら、今の仕事を辞める前にまず農業人フェアに行くことをおすすめします!

(参考:新・農業人フェア

 

 

2、アグリチャレンジ科研修

 

鳥取県立農業大学校で行われている、公共職業訓練「アグリチャレンジ科」研修。

4か月間の研修を年3回実施していて、農器具や機械の操作方法、栽培や農業経営などの基本的知識が身に付きます。

・農業をやりたいけど、知識が全然ない。

・農学部で知識はあるけど、トラクターなどの機械は触ったことない。

・長年自己流で家庭菜園はしていたけど、きちんとした知識・技術を身につけたい。

とういう方、というか鳥取で農業をしようと思っている人はI・J・Uターン者も親元就農者も農業法人就職希望者もみんな受けたほうが良いです!

会社を退職した方には研修中「雇用保険」がもらえるし、公務員やめた人も「就農準備金」で支援が受けられます。

実際私は企業を辞めて「雇用保険」をもらいながら、夫は公務員を辞めて「就農準備金」をもらいながらアグリチャレンジ科研修を受けました。

(参考:アグリチャレンジ科研修

 

 

3、アグリスタート研修

 

公益財団法人 鳥取県農業農村担い手育成機構がおこなっている研修で、農業法人には務めず、独立農家になる人向けの研修。

基本的にアグリチャレンジ科研修の卒業生を対象にしています。

毎年2月から1年間(最長2年間)県内の農家さんの元で年間を通した栽培技術・農業経営を学ぶ。

期間中は鳥取県農業農村担い手育成機構の嘱託社員として雇用されるので、毎月給料がもらえます!

また、独立農家になる人には必須の「認定新規就農者」の認定までをサポートしてくれます。

夫が2018年2月から参加予定です。

(参考:アグリスタート研修

 

 

4、先進農家実践研修

 

鳥取県立農業大学校が行う研修で、農業法人には務めず、独立農家になる人向けの研修。

基本的にアグリチャレンジ科研修の卒業生を対象にしています。

毎年6月または10月または2月から1年間、県内の農家さんの元で年間を通した栽培技術・農業経営を学ぶ。

要件を満たす方は、青年就農給付金(準備型)を受給することができます。

青年就農給付金(準備型)の受給要件を満たさない方には、県が独自に「就農研修交付金」も交付しています(月額10万円)。

(参考:先進農家実践研修

 

 

5、農業法人へ就職

 

アグリチャレンジ科研修を卒業後、研修生の約半数は県内の農業法人へ就職しました。

理由は人ぞれぞれ。

・独立する自信がないけど、農業はしたい

・独立資金が溜まるまでは法人で定期収入を確保する

・行きたい有機栽培の農業法人がある。

などなど。

アグリチャレンジ科研修中に法人への就農相談会・法人との面談会などがあり、私たちの代は研修終了までに法人就職希望者は就職先が決まっていました!

 

 

6、スキルアップ研修

 

鳥取県立農業大学校が行っている専門性を高める研修。

作物・畜産・野菜・花卉・果樹の栽培(育成)技術取得に特化した研修です。

・栽培する品目が定まっている人

・土地や作業場、農機具が揃っている人

・農業経営の知識が十分にある人

などに向けた研修なので、まったくの新規就農者には向かないです。

親の農業を継ぐため、技術を高めたい・最新の栽培方法を研究したい人向けです。

 

 

7、親方の下でアルバイト後、独立

 

自分で決めた親方の元でバイトをしながら知識・技術を習得し、その後独立する。

アグリチャレンジ科研修終了後、鳥取県の特産品「ねばりっ娘」の栽培農家のところでアルバイトをしていた方が、実際に来年独立します!

 

 

8、鳥取県内各自治体の農業研修制度

 

鳥取県内には新規就農用の研修施設として4か所認定されており、市町村単位で農業研修をおこなっている自治体もあります。

鳥取市・・・・とっとりふるさと就農舎 (参考:とっとりふるさと就農舎

岩美町・・・・農業研修制度 (参考:岩美町ホームページ

日南町・・・・農林業研修制度 (参考:日南町まるごとバンク

鳥取県立農業大学校・・・・アグリスタート研修など各種研修 (参考:鳥取県ホームページ

 

 


 

<まとめ>

 

初めから、農業法人に就職したり、親方を見つけてアルバイトしたりする方もいます。

が、法人も親方も農業に対する知識や技術がない人を雇えないと言って「アグリチャレンジ科研修」を受けさせる事例が多くあります!

鳥取で就農したいと思ったら、

①「新・農業人フェア」へ行く

②「アグリチャレンジ科研修」をうける

③それぞれ自分が進みたい方向の研修を受ける or 法人就職へすすむ

 

をおすすめします!

 

 

     <スポンサーリンク>