農業で生きていく!鳥取で認定新規就農者になるメリットと方法

      <スポンサーリンク>

 

新規就農者の強い味方【認定新規就農者制度】

新規就農者が農業の計画書を作成して市町村に提出し、市町村がOKを出せば「認定新規就農者」になれます。

鳥取県で「認定新規就農者」になれば以下のような、新規就農者にはめちゃくちゃ有難い支援施策が利用できます!

 


 

①農業次世代人材投資資金(経営開始型) (旧 青年就農給付金)

45歳未満なら農業の経営開始から最長5年間、150万円/年を交付。

夫婦の場合は、二人で最長5年間、225万円/年を交付。

 

②就農応援交付金【鳥取県限定】

①の対象者以外(45歳以上の人)に、1年目:10万円/月、2年目:6.5万円/月、3年目:4万円/月を交付。

 

③就農条件整備事業【鳥取県限定】

必要な農業機械・施設整備費を半額助成

 

④青年等就農資金

必要な農業機械・施設への資金を無利子貸付

 


 

鳥取県で就農するなら「認定新規就農者」になるしかない!!!

 

しかし、そんな簡単になれるわけではないのです。。。

 

鳥取県で「認定新規就農者」になるには、

まずは「アグリチャレンジ科研修(約4か月)」をうける

(参考:鳥取で農業を始めるなら、まずはアグリチャレンジ科研修!

続いて「アグリスタート研修(最短1年)」をうける

アグリスタート研修中に就農の計画書「青年等就農計画」を作成

市町村に計画を提出

市町村が「青年等就農計画」を認定する

 

という長き道のりがあります。

・アグリチャレンジ科研修【約4か月】 (2月~5月、6月~9月、10月~1月のうちどれか)

・アグリスタート研修  【1年間(最長2年間)】 (毎年2月から)

なので、最短で1年4か月、最長3年の研修期間が必要です。

 

 

また、「青年等就農計画」は就農開始後5年以内に所得がおおむね250万円以上になるような計画(夫婦二人ならおおむね300~330万円)を立てなければいけません。

※所得目標金額は市町村によって多少異なります。

(参考:鳥取市ホームページ  米子市ホームページ

 

 

 

認定を受けられる人は以下の通り。

 

1、対象者

 

新たに農業経営を始める人か、農業経営を始めて5年以内の人で、

・原則18歳以上45歳未満、または特定の知識・技術を有する65歳未満の人。

・上記の人が役員の過半数を占める法人。

 

 

2、認定基準

 

・計画が市町村の基本構想に照らして適切なものであること

・これまでの研修経験等から、計画の達成される見込みが確実であること

・将来において効率的かつ安定的な農業経営の担い手に発展するような青年等であること(年間農業従事日数150日以上が望ましい)

(参考:鳥取県ホームページ

 

この認定基準をクリアするのが大変なんです!!

多くの新規就農者の先輩が

・新しい栽培方法を計画に入れてもがなかなか認められない。

・計画が現実的ではないと言われた。

など苦労されています。

 

計画書が認定されるまで何度も書き直して、書き直して。

研修先の師匠や鳥取県農業農村担い手育成機構の方に相談して。

認定されなかったら、また書き直して、相談して。

しかもアグリスタート研修と平行してしないといけないので、体力も気力も消耗してしまう。。。

 

それでもやっぱり鳥取県で「認定新規就農者」になると

・150万円/年の交付金が最長5年間

・機械・施設整備費の半額補助

・無利子で資金が借りられる

 

とてつもなく有難いですよね。

 

     <スポンサーリンク>