【資格取得】Flower Works Japanのフレッシュフラワーアレンジメントコース総合ベーシックに合格しました!

      <スポンサーリンク>

 

2018年2月18日に行われた一般社団法人Flower Works Japan(FWJ)の資格試験に合格しました!

FWJや試験の内容、今後についてまとめます。

 

 

1、一般社団法人Flower Works Japanとは

 

 

【お花の学びに関わる人達の「学んだことを仕事にしたい気持ち」を応援し、実現するお手伝いがしたい】

という代表理事である谷川文江先生の強い気持ちから創設されたのが「一般社団法人Flower Works Japan(FWJ)」です。

 

FWJは、ただ資格が取れるだけではなく資格を活かして仕事ができるようなカリキュラムがあります!

谷川先生の熱い気持ちと、力強いカリキュラムに惚れて、私は鳥取から兵庫県西宮市にある谷川先生のフラワーアレンジメント教室「Atelier F’s アトリエフィーズ」に通っています。

他にもFWJの資格を持った先生方がやられているFWJ認定校は大阪と兵庫に現在12校あります。

私は鳥取の第1校めになるべく、どんどん資格を取っていく予定です。

 

(参考:一般社団法人Flower Works Japanホームページ

 

 

2、資格取得コース

 

 

FWJ認定校には「趣味コース」と「資格取得コース」が設けられています。

「趣味コース」は、その名の通り、趣味の方達用のコース^^

先生やお友達と和気あいあい毎回楽しんでおられます。

 

「資格コース」は、将来お花の仕事をしようと学んでいる方達用のコースです。

資格には「フレッシュフラワーアレンジメントコース」「プリザーブドフラワーアレンジメントコース」の2種類あります。

それぞれ総合ベーシックコースから受講し認定されると、

FWJコース:主に教室開講に向けたコース

花ギフトコース:花ギフトを販売するためのスキルを学ぶコース

ウエディングコース:ウエディングで使われるフラワーのデザイン・技術を学ぶコース

の3つのコースを受講できるようになります。

 

 

3、試験内容

 

 

「プリザーブドフラワーアレンジメントコース」は必須講座の受講のみで認定を受けられます。

が、「フレッシュフラワーアレンジメントコース」は必須講座の受講後、試験を受けて合格しないと認定を受けられません。

 

試験は年に2回あり、内容は、

実技試験:必須科目のアレンジのうち1つを作製

学科試験:必須科目のアレンジの手順や各コースの基礎知識などの筆記試験

です。

 

私は「フレッシュフラワーアレンジメントコース」の総合ベーシックを2017年の7月から受講し、2018年2月の試験を受けました。

実技試験のアレンジは当日抽選して発表されるのですが、今回は「コーンシェイプアレンジメント」でした!

 

【コーンシェイプアレンジメント】

 

試験はそれぞれ花とグリーンが用意され、自分でどの花をどこに使うかを選択しながらアレンジしていきます。

目の前にある花材を臨機応変に使ってキレイなアレンジをつくる

より実践的なスキルが身につく試験です!

 

試験後4日ほどで、合否通知がきました!

 

結果は、、、

実技試験  95点/100点 (合格基準80点以上)

筆記試験  99点/100点 (合格基準80点以上)

見事合格しましたーーーー!!!!!

 

 

4、今後について

 

フレッシュフラワーアレンジメントコースの総合ベーシックに合格したので、次はウエディングコースに進む予定です!

その間に、プリザーブドフラワーアレンジメントコースの総合ベーシックも受講しようと思っています。

自分で生産した花を使ってフラワーアレンジメントサロンを開業する

という目標に向かってどんどん突き進みます!!^^

 

 

     <スポンサーリンク>