パパになる人も!大人になってからの風疹(ふうしん)予防接種

      <スポンサーリンク>

 

 

保健所が無料で行っている血液検査を受けた結果、風疹(ふうしん)の抗体値が低かったため風疹の予防接種を受けることにしました。

妊活者のための助成金が受けられたので、ご紹介します。

(参考:【妊活者必見】保健所で無料血液検査をしてきました!

 

 

風疹(ふうしん)抗体値とは

 

妊娠初期に風疹ウイルスに感染すると、生まれてくる赤ちゃんに障害が出てしまうことがあります。

近年は成人男性の感染が増えており飛沫感染で広がるので、妊婦さんへの感染の可能性が高くなっています。

「風疹(ふうしん)抗体値」は風疹ウイルスに対する抗体の数値であり、妊娠初期に検査される項目の1つです。

血液検査のHI法という方法で検査すると「抗体値は〇〇倍」という結果が出ます。

 

①HI法8倍未満:免疫がほとんどない

②HI法8倍または16倍:少し免疫があるが予防には不十分

③HI法32倍以上:十分な免疫がある

 

①と②の場合は風疹含有ワクチンの接種が推奨されています。

保健所の血液検査の結果、わたしは「HI法8倍」で②でした。

 

 

風疹予防接種

 

平成7年4月2日以降に生まれた人は子供のときに2回予防接種をうけていますが、それ以前に生まれたほとんどの人は「予防接種を1回しかうけてない」もしくは「予防接種を1回も受けていない」という状況です。

(参考:風疹の今を考える わが国の風疹の現状と課題)

そのため、平成7年4月1日以前に生まれた人は抗体値が低いまたは免疫がほとんどないことがあります。

私も子供のころに予防接種を1回しかうけていませんでした。

 

風疹予防接種には主に「風疹ワクチン」「麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)」2種類あります。

「風疹ワクチン」は風疹のみ予防し、「麻疹風疹混合ワクチン」は風疹と麻疹(はしか)に対する免疫をつけることができ、2つとも風疹に対する効果に違いはないです。

行きつけの医院に風疹ワクチンしかなかったので、麻疹風疹混合ワクチンを接種しました。

 

※ワクチン接種の注意点※

ワクチン接種前1か月、ワクチン接種後2か月は避妊必須です!!

 

 

 

鳥取市の助成事業

 

私が住む鳥取市には、妊活応援のために風疹予防接種費用(全額)の助成事業があります!!

 

【対象者】

・鳥取市に住民票があり、妊娠を予定または希望しているの19~50歳の女性のうち、風疹抗体値検査の結果抗体値が低い人

・鳥取市に住民票があり、妊娠している女性の夫

 

【対象ワクチン】

「風疹ワクチン」または「麻疹風疹混合ワクチン」

 

【申請の流れ】

①保健所や医療機関で風疹抗体値検査を受ける(女性のみ)

②抗体値が低い場合、希望の医療機関に予防接種の予約をし、接種をうける(医療機関の指定なし)

いったん全額払い、「領収書」と「接種したワクチンの種類がわかる書類」をもらう

④鳥取市の窓口または郵送で申請する

⑤申請が通った後、費用が振り込まれる

 

私は窓口の鳥取市中央保険センター(さざんか会館4階)で申請してきました!

持っていくものは、

・印鑑

・領収書&接種したワクチンの種類がわかる書類

・風疹抗体値検査の結果通知書(女性のみ)

・通帳などの振込先口座番号&口座名義人(原則ワクチン接種を受けた人)がわかるもの

です。

妊婦さんの夫の場合は、母子手帳などの妻が妊娠していることがわかるものが必要です。

 

 

郵送の場合は下記の鳥取市公式ウェブサイトで申請書がダウンロードできます。

(参考:鳥取市公式ウェブサイト

 

費用は申請後1週間ほどで振り込まれました^^

 

 

まとめ

 

私が行った医院ではワクチン接種料は6,000円でした。

それが助成事業に申請すると全額返ってくるなんてとてもありがたい!!

住んでいる自治体の助成制度をしっかり調べてどんどん利用させてもらうのが良いですね^^

ワクチン接種後は2か月避妊が必要なので、結婚したばっかりでまだ子供はいらない人もいつでも妊活を始められるように早めに接種するのをおすすめします♪

 

 

     <スポンサーリンク>